.

.

.

..

ステイルバイトwith アポフィライト・ブルークオーツ(青水晶)

祭壇用セット 原石

旧 Amari サロン「レコンセクレーション」サンクチュアリより

,

サナトクマラ(青いクオーツ:おそらくブラジル産)

1636g 12.4 x 9.2 x 11.8 cm

白山姫(スティルバイトwithアポフィライト:インド)

1101g 14.9 x 12.0 x 6.3 cm

Amari コレクションから・・旧サロンでオリジナルワーク「レコンセクレーション」の祭壇に配置していた、夫婦の原石2つのセットです。白山姫ことスティルバイトwithアポフィライトは1.1 キロあり、サナトクマラの青いクオーツは1.6キロと、ボリュームのある、2神の祭壇にふさわしい神殿サイズです。

レコンセクレーションは、2006年に奈良県桜井市の三輪山の麓に移住して、ヒーリングサロンを始めた私に、2007年にやってきた高次シャンバラからのエネルギーワーク。幻想を断ち切り、情報を宇宙に還元し、本人のエネルギー領域に戻すことで、現実界に反映させていくパワフルなワークです。このワークを授かった時は、ある朝突然、クリスタルワークの瞑想中に「金縛り」状態になり、物質界の時間でいうと1時間、身動きがとれない間、「あなたはタイシ」の言葉とともにシャンバラの扉が開き、招き入れられ、エネルギーと内容を受け取ったという、アルガンザのワークの中でもかなり衝撃的な始まり方をしたもののひとつ。これは、私の魂がご縁のあった三輪山に封印されていた太古のエネルギーを、解放した、という形でもあったようです。

当時のサロン「天(そら)と大地」では、その神秘体験の折に抱えていた大きなクリスタルがサンクチュアリの中心でしたが(こちら↓)

          

この祭壇に、それぞれ白山菊理姫と、サナトクマラの象徴として、このふたつの原石に鎮座してもらっていました。古い聖地では縄文の人々が夫婦岩、を祀りますが、それと同じようなものとして。奈良から横浜へ移った2010年、やはりこれらは三輪の膝下に置いておこうということで、奈良の自宅に残して来ていましたが、先月に帰った折、今の八王子のオフィス、ワークルームにはなぜか迎え入れられるようだと感じていた(意外ですが奈良と八王子には共通点が少なからずあるよう)ので、ピックアップして来ました。

上の写真のクリスタルも、二つの大きなポイントが2神を象徴していて、その統合エネルギーを使用するレコンセクレーションそのもの。この石は残すことにしましたが、スペースが狭いために、こちらの原石ふたつは、お嫁に出すことに致しました。

白山姫とサナトクマラは、アルガンザの世界観の中では夫婦神で、シャンバラの主にして、神智学でいう地球ロゴスを担う、男性・女性エネルギーです。白山姫のエナジャイズのページも、ご参照ください。以前からスティルバイトは、レコンセクレーションのエネルギーを思わせる明るいピーチピンクで、かつとても母性的・女性的な慈愛を感じさせ、シャンバラともゆかりの深いインド産出で、アポフィライトという高次の光を持つ石と共生することから、白山姫の具現のように思っています。こちらの原石はスティルバイトのほうが目立って面に出ていて、裏側を見ると(斜め上写真)アポフィライトが下地になっているのがよく伺えます。そういう意味でも、白山姫の体現者としてピッタリと、当時思いました。

一方のブルークオーツは、どちらのお店で買ったものか、お値段は・・など忘れてしまった!のですが、アクチノライト系で青い発色をしていると思われるクオーツですから、これがより透明度が高いと、「ブルーターラ」と同じものになるかと思います。そういう意味では、お買い得になる価格でご用意させて頂きました。・・・ですが、お約束して頂きたいのは、ブルーターラとして扱わずに、このまま「サナトクマラ&白山姫」として、祭壇用にお譲りしたく、ご理解いただいた上で、ご購入いただきたいと思います。

そういえば、ターラは観音で、サナトクマラと観音もチベットの男性的な観音を仲介して、共通するものがあります。今思えば本当にぴったりな石だったのでしょう。

レコンセクレーションのプラクティショナーの方、これからお考えの方のサンクチュアリにはもちろんですし、個人的にサナトクマラがお好きな方、地球のロゴスに惹かれる方、シャンバラとお仕事をされている方・・など、ご検討下さい.

レコンセクレーションを授かった時、その後も、家族も巻き込んだ浄化の嵐が来ました。神殿クラスのクリスタルはどれもそうですが、迎え入れることで動くエネルギーや、試されること、鍛えられることもある・・という点も、 付記しておきます。シャンバラやロゴスとともに働いている・・という自覚のある方におすすめします。

 

 

77,000 円

..

 

 


(C) Office Arganza All Rights Reserved.