.

.

.

アモライト & ベラクルスアメジスト(Mothe & Child)

『チャイルド』セット -- インナーチャイルドの癒しに

,

Tweet

ベラクルスアメジスト:4.0 x 2.5 x 2.4 cm 21g

アモライト: 4.6 x 3.3 x 0.4 cm  18g

再びアルガンザのサロンの石の中から、インナーチャイルドの癒しに良さそうな2つをセットにしました。2008〜2009年にかけてクリスタルをレイアウトするワークを作ろうとしていた時に、ハート近辺の癒しに配置する石として迎えたもの。そのワークは結局、原石のグリッドを大規模に使う「レムリアントランスミッション」の中に統合されていったので、サロンでずっと静かに待機状態でした。

・・と、いくつか最近、ご紹介している「チャイルド」のコンビネーション。今回は、やはりインナーチャイルドにおすすめの鉱物のひとつである白いアモライトと、最近のリュミエールではサンダルフォンやグレースなど、アンドロメダやレムリア系のエナジャイズで登場しているベラクルスアメジストをセットに。

アモライトは、ブラジル・リオグランデスール産出の個性的な石。「コロナアゲート」とも呼ばれ、アゲート(めのう)やクオーツ、カルセドニーなどが渦巻き状に集まりながら結晶化したもの。裏面を見るとその渦の様子が窺えます。

インナーチャイルドや子供に向いている石はアゲート(めのう)の仲間が多いことに気づきます。カルセドニー、ブルーレースなど。もうひとつには、キラキラのドウルジー結晶ですネ。これが天使性や、小さな子供の純粋な感性と素直に共鳴しますし、大人の中のこども心やエンジェリックな部分を思い出させてくれます。アモライトはまた水の性質や水のエレメンツが体現する母性のようなものを感じさせる石でもあり、チャイルドの癒し・・以外にも、母である人の母性を支える、潤すような力もありそうです。

ベラクルスアメジストがなぜ「チャイルド」向けか。という点は、このところのグレースやサンダルフォンのページをご参照いただければと思います。こちらのベラクルスはマザーアンドチャイルド、つまり親子ツインで、親子の問題や人間関係の調和などのテーマにおすすめです。さらにレピドクロサイトがたくさん入っていて、その赤いキラキラは生きる力を高めてくれそう。親子で合体している結合部分のファセットはイシスフェイスなので、さらに癒しの包容力を感じさせます。虹も含まれていて、透明度が高い、魅力的なアメジストです。

 

/

13,000円

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.