.

..

..

マスターウラルレムリアンTM GAXグレード

レコードキーパー レインボー セルフヒール 名称『ソフィア』

ロシア ウラル山脈

,

サイズ:12.7 x 8.6 x 8.4 cm  973g

2016 年のツーソンで奇跡の登場を果たし「マスターウラルレムリアンTM」として日本に入ってきたロシア、ウラル山脈のレムリアンクリスタル。かつて「ライトワーカー」を自認する人々の間で「一世を風靡」した「セイクレッドスクライブス」(聖なる書記)は、アメリカの Crystal Cave 社によって商標登録されていました。その時代、私 Amari は200g代のものを迎え入れましたが、雪国に住んでいた頃で、雪の日に配達員の方がやって来るのを窓から外を眺めて待ち受け、届いたものを手にしたら 余りの美しい気配に涙してしまったほどに、特別なものとして迎えた事をよく覚えています。もう10年以上前のこと。

自分の一部のようになったそのロシレムを携えて、やはり雪の降る日にヒーリングセッションを受けに出かけ、今思えばウラルにも通じる太古の自分の魂の歴史と、接続される体験をしたことも、忘れられない思い出の風景。純白の雪と、ロシレムはよく似合います・・

鉱山が水没し、採掘されなくなった後も「ロシレム」人気は続き、いつしか伝説となり、「自分のロシレムと出会いたい」と願う方は多いものの、出回らなくなって久しかった中で、2009年ころには「ウラルレムリアン」と呼ばれたウラルで採れた水晶が色々な形(原石の欠片だったりビーズだったりポリッシュだったり)で出て来たことがありました。その当時の「ウラルレムリアン」も幾つか持っていますが、非常に澄み切った美しい波動の水晶で、「ウラル」の魅力は「ヒマラヤ」と同じように独特の際立った存在だと感じました。が、かつての「聖なる書記」とは「違う」というか「同じではない」と。。。けれど繰り返しますがこの当時の「ウラルレムリアン」も本当に素敵な石なのです。

また別の流れとして、Crystal Cave 社の倉庫から引越の際に見つかった、或は販売元の方々が個人的に蔵していたものなどが、確か2010年に僅かに、それも巨大なサイズで入って来ました・・幸運にも、私はその時にもひとつ「神殿」サイズの素晴らしいマザークリスタルの「聖なる書記」をサロンの顔として迎えています。

今年の始めは、サロンの講座「石巫女クラブ」でちょうど、ロシアのウラルにフォーカスし、地球を運営する多次元層のマスター界の中心のひとつが、超古にウラルにあった(後にヒマラヤへ移動)のではないかという話で、密かに盛り上がっていた所でした。時を同じくして、「ウラルのマスター級クリスタルと出会えそうな予感がする」と感じて出かけた仕入で、折しもツーソン入荷からまさかのロシアのレムリアンが入ったとのことで、運命を感じました!

今回は、事情があってストックされていたもので、「本家」の商標のくくりから外れての提供とのことでしたが・・私個人としてはここでようやく、「ウラルのクリスタル」ではなく「ウラルレムリアンと呼ばれるウラルの水晶」 でもなく、かつて「聖なる書記」として出ていたものと「同じだ」と感じるものと、再会しました。ヴァイブレーションや、刻まれているものの気配だとご理解ください。(正確な産地や鉱山が一緒・・という物理的な意味ではありません、それは詳細に確認する術がありません)

感動してしまい、また愛しくて仕方無く、3月の仕入では神殿サイズを3つ入れて、ひとつを私物に頂いてしまいましたが、あとの2つの神殿もブログでのご紹介やサロンでご縁が決まりました。続く初夏の仕入で、更に業者さんに入ったという今度は小振りなサイズも交えて数点を入れましたが、これに関しても既にサロンから3点がお嫁入りしたという状況で、リュミエールには遅ればせながらのアップになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016年登場の「マスターウラルレムリアンTM」としても勿論ですが、かつてのセイクレッドスクライブスでも、トップが奇麗に残っている美しいものは数が限られていました。ポイントがある、整った形状のものは既に2016年日本に入って来て以来、時間が経つごとに少なくなっています。

久しぶりに新着、『ソフィア』と名前をつけた神殿をご紹介します。今年(2018年)の3月にお迎えしていました。3月末〜4月はじめのアルガンザジェネシスヒーリングTM の第二世代伝授の際に、その期間を見守るよう鎮座していてくれる存在として、仕入れで出会い、サロンスペースでサンクチュアリを形成していました。

第一世代伝授と同時に集大成した地球創生におけるソウルグループごとのカルマや原型パターンの物語(「ジェネシス」テキスト)の、不足していた部分を埋め合わせるための動きが、この一年生まれていて、それはレムリア期に、まだ人類が物質人間ではなく半物質(シェイプシフト)であったころに、自然界の秩序をすべて繋いでいた当時の共通のエネルギー源泉(これをアルガンンザではソフィアと呼ぶ)を聖域として守るために生み出され、存在していたのが仮に「エルフ」と呼んだりもしている、ソロネ(座天使)たち。・・アンドロメダのセラフィムと、シリウス人とアルクトゥルスが混血したアルカイ(権天使)のDNAを持っています(各天使の定義は一すべて般で知られるものとは異なり、アルガンザ独自のものです)。

そのソロネ(エルフ)たちは、もともと一つのソウルを地球の二元法則に合わせて男性性・女性性に分け、男女双子で非物質的に誕生し、一生添い遂げます。彼らがエネルギー的に「ソフィア」ネットワークとその聖地を守る存在たち(精霊たちやユニコーンや元素のディーバ)たちを生み出して、秩序だった自然法則・宇宙のエネルギー法則を守ろうと存在していました。彼らの王国はアトランティス期、新しい人類の選択により崩壊し、以後、物質界で生きることが地球の魂の運命となりました。

「ソフィア」のストーリーと、本来、マスターウラル(やセイクレッドスクライブス)が継承しているさらにレムリアよりも古い「青い文明」の記録を併せ持つのが、この不思議な神殿。エルフ族の女性たちの象徴として、3月に迎え入れていましたが、リュミエールで扱っている「ソフィアの雫」の神殿の風情で、これと形状などがそっくりなソフィアも実際に何点か、これまで登場していました。マスターウラルだけれど、ソフィアにもなろうとしている・・ような? こちらを目にした受講生の方々からも「ソフィアみたい」「普通のマスターウラルよりもソフィアのような優しさがある」とお声が。

マスターウラルは、より古い超古文明の記録を刻むせいか、宇宙的でシャープな光をそのまま発している、という感覚が、確かにソフィアと比べるとあるかもしれません。私はどちらも大好きで、どちらも特別な石ですが、ソフィアのほうは地球の歴史をより、自然界のワンネス(=つまりこれが「レムリア」と一般に捕らえられているもの)の立場で、体現している。両者の相性もとても良いのですが、けれど明らかな違いはあります。が、その双方の特徴を両方帯びたかのような、マスターウラルの神殿。エルフ族の女性存在たちの集合エネルギーの象徴として迎えていたので、彼女らが全存在をかけて守ろうとしていたソフィアの性質が、この神殿に入ったのではないか・・と考えています。ゆえに、ニックネームを『ソフィア』ちゃん・・にしました^^

,.

 

前置きが長くなりましたが・・GAXグレードでハイクオリティなマスターウラルレムリアンです。973gとほぼ1キロある見事な神殿サイズですが、迫力!というよりもひたすら優しく、純粋なヴァイブレーション、意志を持つかのような存在感はやはり、涙してしまう特別なもの。本物のウラルレムリアンには珍しくない、先端部のカケはみられますが、それによりこの子の場合はタビーのソフィア神殿にそっくりで・・高次の意図を感じます。正面から見た五角形のような大きなフェイスは、私の経験と感覚からするとユニコーンを彷彿とさせます。我が家に居る「ユニコーン」という名前の小さなソフィアもよく似たフェイスをしています。その一番大きなファセットには、大小の三角レコードがびっしり。(写真下)

虹も内部の広い展望の中のあちこちに見られるのも特徴です。側面の成長線(いわゆるレムリアンの「バーコード」と呼ばれるもの)も美しく、透明度の高いボディにさらに輝きを与えてくれています。大きなフェイスの裏側にあたる面は、細かい結晶たちとそこに付着して固まっている淡いベージュの砂?のようなものが、また違う表情を加えて、ある意味この面の存在がまた、全体にふんわりとした優しさをもたらしているのでしょう。

撮影の際に、全体のフォルムが写真に映るよう、あえて小さいクッションで撮影していましたが、今月(2018年8月)一杯、Mサイズのクッションをサービスでおつけします。ダークグリーンかワインレッド、色のご希望を備考欄にお書き添えください。

高次自然界・ユニコーン・レムリア・・そしてアルガンザでいう「ソフィア」「エルフ」などにご縁を感じるという方で、マスターウラルレムリアンもいつかは迎えたいと思っていた方、この石の虹や光、レコードや、佇まいに惹かれるという方、ビビビ・・とご縁を感じた方。一生涯の宝もの、お部屋に配置する聖域として、お迎えいただければ幸いです。「ソフィア」の雫はこのくらいまたはそれ以上の「神殿」はすでに無くなり(仕入れ元の在庫にももうありません、詳しくはソフィアのページでお読み下さい)、中堅サイズが残るのみ。そういう意味でも、マスターウラルにして、アルガンザのジェネシスというバックグラウンドがあったからこその高次の采配でソフィアの性質をも見せてくれているこちらは、双方にご縁、魂の繋がりのある方にはぜひお薦めしたいと思います。

ずっとアルガンザのサロンに残すことも考え、迷っていたのですが・・問いかけてみると、この子は私にはあまり興味がなさそうで(笑)行くところがきっとあるのだろうと感じ、お嫁に出すことになりました。大変長い説明、最後まで読んでいただいてありがとうございます^^ 今回こちらのUP にちなんで、UP済みのマスターウラル神殿2点もお値引きをさせていただきました。twitterもご確認の上、こちらもあわせてご検討下さい。 良いご縁を、お待ちしております。

さつ

/

558,000 円

.

 

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.