.

.

..

アイアンメテオライト 勾玉

スウェーデン ムオニナルスタ隕石

 

 

Tweet

.

1.7 x 1.1 x 0.5  cm     4g

 

スウェーデンに落下した隕石であるムオニナルスタ・メテオライトは、ナミビアのギベオン(発見地の名前でもある)隕石と成分や、表面に見られる独特のウィドマンシュテッテン構造などの特徴、見た目も殆ど同じ。発見された時期と場所は違うけれど、同じ隕石由来なのでしょう。ニッケルが8%、鉄が90%、その他を含み、地球に到来したのが4億5千万年前だそうです。非常にハイオクターブで、独特の静かで深く、霧のように広がって働くパワフルさがあります。

エネルギーをぐっと引き上げてくれる、そして微粒子でライトボディ全体の調整を自ずと行ってくれるような感覚を持って、私はこの数年来、この石と仲良くしています。なぜかギベオンではなく、こちらのスウェーデンのほうが好きです。もとの隕石は同じでも、4億年以上前に地球に来て、その大地に眠って居たわけですから、アフリカとスウェーデンでは、違うトーンが石に付加されるのは自然なことでしょう。火と氷、熱と静けさ、暑さと寒さ・・どちらが自分と相性がいいか、によって好みが別れるとも考えられます。パワフルさでは同じだけど、出力方法が違うという感じ。。私の好みを反映し、リュミエールではもっぱらこちら、スウェーデンをこれまでご紹介しています^^

私の場合、ヒューヒュー駆け抜けていく小さく速く軽い風を身体中に感じます。これが何なのか分かりませんが、心地よい刺激として感じます。非常にキメの細かいエネルギーで、ツブで語りかけてくる感じ。全身が調整されるような感覚もあり、サードアイも反応します。

久しぶりに可愛い勾玉で登場!ウイトマンシュテッテン構造に見とれてしまいますが、2センチ弱と可愛い勾玉ちゃんです。

 

 

12,000 円

..

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.