.

.

..

 

サチャロカ・マスタークリスタル グランドアース 原石

レコードキーパー

インド サチャロカ

,

/

サイズ:8.2 x 7.6 x 5.0 cm   458g

2009年〜2010年に最初にご紹介して以来、ポツポツとしか入荷しなかったサチャロカマスターグランドアース。2014年秋、仕入元の業者さんにも四年振りに入ったとのことで、個性ゆたかな形状のマスターたちを、久しぶりにまとまった数で仕入れて来る事が出来ましたが、その時のたくさんの入荷分もすべてsold となりました。 以後、業者さんでも数少ないストックとなった中から、仕入に出向くたびに1〜2点をセレクト。少しずつご紹介しています。

そのパワフルさと、独特の厳かなマスター性は、既に彫り尽くされているロシアンレムリアン(TM) と比されるほどに、存在感のあるクリスタルです。凄く古い感じが伝わって来ます。

インドのサチャロカは地元でも知られたパワースポットだそうですが、インドは個人的に「アトランティスとレムリアの融合地帯」ではないかと想っていまして、ロシアンレムリアンが遠く北のウラルに埋められたのも深い意味があるように、このグランドアースがインドから出て来ていることも、当然ながら別の世界からの意図と導きがあるように想えます。

アトランティスの水没を見届け、エジプトやギリシャ、メソポタミアの人類の勃興を待つことになったアトランティスのマスターたちが、暫しの猶予の時を、インドで過ごした・・そんな物語が、いつしか私の中に自然とインプットされているのですが、そのマスターたちがインドに残したアトランティスの記録の一種ではないかと・・個人的にはこのクリスタルにはそんなロマンを重ねて、浸っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この大きなサイズは久しぶり。神殿クラスです。ファセットの構成が面白く個性的ですが、不思議なバランス感のようなものがあり、この石の持っている雰囲気として、私はピラミッドを感じます。。形状はピラミッドの均等さからは遠いのですが、中に入ってイニシエーションを受ける、というような。神殿グランドアースとしてのこの石が持つテーマなのかもしれません。

はっきりとした美しいトライゴーニックが見られます。透明度は写真でもご覧頂けるように、素晴らしいです。光をふんだんに宿し、それを厳かに放射しているような空気もありますが、明るくポジティブな爽やかさも併せ持つマスターです。458gとボリュームのある神殿は久しぶり。おすすめの1点です。

クッションもご希望の場合は備考欄でお書き添えください。

 

230,000円

 

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.