.

.

ダーウイングラス

オーストラリア タスマニア島

,

3.2 x 2.8 x 2.1 cm  18g

タスマニアで発見されているクレーターを形成した、75万年前の隕石による、インパクトガラス(テクタイト)です。リビアングラス、モルダバイト、チャイナテクタイトなど、インパクトガラスの仲間たちとも、当然ですが雰囲気がまったく違い、質感も違います。

1年以上振りのご紹介です。手にした時の第一印象は「なんじゃこりゃ!」という感じで(笑)、リビアングラスやモルダバイトはそれぞれの特性や個性、魅力がありますが、もちろんこのダーウイングラスにもありますが、こんなに不思議感を感じたのは、初めてかもしれません。

隕石や、隕石のエネルギーやメッセージを請け負っていると想われるテクタイトの類は、やはり地球上の普通の石たちとは別の、存在であると想って触れています(気がつくとそう想っている感じ)が、このダーウイングラスは更に、テクタイトのくくりの中でも異色な存在感。

隕石の記憶だけではなく、タスマニアという場所と、隕石落下の事前事後の土地と風土の記録にも、不思議感の理由があるのかもしれません。モルダバイトのモスグリーンを更に深くしたカーキ色に近い色をしています。それ自体は地味な色なのに、鮮やかにメタリックな輝きを放つようなブルーの光を、持っているように見えます。とても宇宙的で、またこの石ひとつが、意志を持って生きているように感じられます。

不思議な不思議なダーウイングラス。小さな中に、壮大な宇宙の叙事詩、あるいは地球の創世記が込められているように想えて来ます。カーキブラウンという感じの不思議な色。こちら1点のみです。

28,000円

 

 


(C) Office Earh-Keeper All Rights Reserved.